ヨガと共に混沌を生きる

食糧危機が来るとか、

長引くコロナ、ロシアのこと。


ニュースを見たり、外の世界に意識を向けると、

不安や恐怖を感じることが多い世の中。


精神的な病、うつ病になったり、

自殺をする人も多い、


混沌とした世を私たちは生きている。

「どんな時も台風の目であれ」

これは、ざわざわと心が落ち着かない時に、

私自身が、自分に言い聞かせる言葉。


どんなに周囲がざわついていても、


意識を台風の目のような静かなところに

留めることができれば、

冷静でいられる。


なかなか、心のざわめき収まらない時こそ、

ヨガが力を発揮する。


ヨガの練習中に体の中で起こっていること

(呼吸の流れや筋肉の動き)を観察していると、


いつの間にか、心のざわめきが鎮まっていく。


どんなに外側の世界の刺激に、

心がざわついても、


ヨガをしていると、


ありのままの自分を、

少し離れたところから。


あるいは、中心から、


「止まって眺める感覚」が

自然に生まれる。


止まって、静かに眺める感覚は、

冷静さを取り戻し、

自分の中に備わっている力に気づかせてくれる。


これからも、自分のための静かな時間を大切にしながら

混沌の世をスイスイと泳いで生きたい。


梅雨の季節☔️がやってきますね〜


6月のゆりあヨガのレッスンでは、


湿気の影響で働きが衰えやすくなる

胃と脾臓にフォーカスしたヨガをします!


胃は、「思い悩む感情」と関係の深い臓器。


くよくよと考えを巡らせて、

気分が重いとき、

気持ちを軽くしてくれるポーズをして


心の中に、リラックスした感覚、

安らぎのエネルギーを広げていきましょう。


みなさま♡

6月も、どうぞよろしくお願いいたします。






閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示