自分で自分を「よしよし♡」する。

娘は、夜 寝る前に

お布団に入ると、


「ママ、よしよし🤚して♡」と言ってくる。


私が、娘の頭を撫でながら、


「いい子だね〜」と言いながら

よしよしすると、


「静かに、、、」と言って、


なにも、言わずに

ただただ、頭を撫でてほしいと言う。


すると、しばらくすると寝息が聞こえ、


す〜〜〜っと

穏やかな眠りに入っていく。



私も、寝る前に

自分で、自分を「よしよし」と

体を撫でてみた。


どこか痛いところがあるわけでもないけれど、


娘を愛でるように、

自分のことを愛でてみた。


すると、なんとも言えない至福を感じて、

心が深く

落ち着くのを感じた。


よしよしの手の温もりには、


自分のことを深く肯定する気持ちが

込められている。


よしよし🤚していると、

体の感覚が今ここに戻ってくる

心地良さを感じる。




最近のレッスンの最後に、


「どんな、私も全てよし」と

心の中で唱える時間を持っている。



この言葉、


とてもパワーがあるマントラだと思う。



「とてもいいですね〜」

と、


昨夜のレッスン後に

生徒さんが言ってくれて、

嬉しかった。



ダメだ

ダメだと

排除してきた自分のカケラを見つけ、

それを許していく。



どんな私も

その全てが、私だから

愛していく。


子育てって、


自分の心の現れだ。


自分のここがダメだ

あそこが良くないと思う気持ちが

娘への心配やダメ出しに繋がっている。



だから、私は、



娘を愛でるくらい、

自分を愛でていこうと、

思う。



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示